トップ学校紹介>校長挨拶

校長挨拶



4月号

 今年は桜の開花が早かったにもかかわらず、本校の垂れ桜は入学式まで咲き続けました。また、雨が心配されましたが、新入生と在校生の今年度に向けての熱意が勝り、垂れ桜の下で学級写真を撮ることができました(都合により一部の学級は後日)。
 今年度は幼稚部から高等部まで19人の新入生を迎え、在籍者数77人で新学期が始まりました。それぞれの課程は異なりますが、目標をしっかり立て、充実した学校生活を送ってください。新入生に限らず、在校生にとっても、新しい仲間や先生との出会いがあり、緊張と不安の連続かと思います。一日も早くそれらを軽減し、快適な学校生活を送るためには、「挨拶」が重要だと感じています。そこで、挨拶の効果を調べてみると、たくさんの効果があるようです。
 ○ 大きな声で挨拶をすると気持ちがいい
 ○ 笑顔になる機会が増える
 ○ 相手からの印象がよくなり、人間関係も良くなる
 ○ 常識のある人という評価が得られる
 ○ 挨拶から会話が始まる など
 挨拶には、「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「さようなら」「いってきます」「ただいま」・・・、学校生活だけでなく家庭でも同じです。今すぐに取り組むことができますので、笑顔で始めましょう。
 今年度も月に一回ですが、このページに学校の様子などを紹介していきますので、よろしくお願いします。